〔スポンサード リンク〕

テニスサーブの威力のあげ方

テニスのサーブに威力がない方
ちょっと体重移動の工夫をしてみましょう。

後ろから前に体重移動する方法をお伝えしたいと思います。

スタンスはだいたい肩幅くらいをとってください。
そして、右ひざ(後ろ足のひざ)を曲げ、後ろに体重をのせ
サーブをうつための準備をしてください。

ラケットをテークバックすると同時に、前足にできるだけ
体重を移動させてください。
前足に全体重がのった状態でボールを打つことができたら
体重移動成功です。

フラット系のサーブを打つときは
前足のつま先は前向きになるようにするとスムーズに
フラットサーブが打てます。

回転系のサーブを打つ時は
構えたときに、前足のつま先は前向きでなく
コートにたいして、少し横向きにします。

また、ラケットを後ろに引く感じを大きくすると
威力アップにもつながります。

ただし、コントロールの安定感は落ちるので気をつけてください。

今日はちょっとサーブとは関係ないです。

ものすごい映像を見つけちゃいました。

すごいラリーの応酬です。
ぜひ、ご覧ください。



僕も、こんなショットをうちたいと思って
股下ショット練習しました。
本番の試合でも、ちょくちょく使ってます。

でも、ダブルスのときやると怒られるんですよね。
もし、挑戦したい方は気をつけてください。

あと、プロ選手もこういったふざけたショットも練習してるんですよ。
プロでふざけたショットをしない選手はこういうショットを
練習していません。

それか、不器用。

実は、みんな人間なんですよ。


テニスサーブのリストワーク

テニスのサーブを打つ時のリストワークって
重要ですね。

リストワークを意識しすぎると、コントロールが安定しません。
ですので、自分からは、面を変えようとしないでください。

また、リストワークによってスピードアップを狙うと
力みすぎることがあります。
グリップは柔らかく握るようにしてください。

フラットサーブを打つときは、面を返すためのリストの内転が
重要なポイントとなります。

しかし、スライスやオーバースピンサーブのような
回転をかけるサーブでは、打ち終わるまでは一定の
ラケットフェイスの状態を保ったまま打ってください。

ラケットフェイスにボールが接触して、ボールがラケットフェイス
の上を転がる時間が必要なため、フラットを打つときのように
リストを使い内転させないようにしてください。
インパクトの後は自然とフォロースルーをとることができます。

グリップは柔らかく握ってください。
これは、どんなサーブ、どんなショットを打つときにも
意識する必要がありますね。

ボールタッチも柔らかくなり、ボールを運びやすくなります。

で、どんなリストワークができるといいかというと
↓↓↓
フラットサーブのときは、「ガツン」という音をだすつもりで
リストワークをしてください。
肘から上を下に落とす感じになります。

回転系のサーブを打つときは、
「シュンッ」という音をイメージしてボールを打ってください。
早く面を返そうとするのではなく、ある程度ラケットフェイスを
保ち、自然に面を返すようにしてください。









テニスサーブのリストの角度

テニス
サーブを打つ時のリストの角度は??

今日はサーブを打つ時のリストの角度についてお話したいと思います

サーブにしっかりと回転をかけるためには、手首をしっかりと
曲げておく必要があるんですよ。

多目に回転をかけたいときは、グリップを握り変えたりせずに
最初に構えるときに手首を内側に曲げておくと回転がかかりやすく
なります。

テニスプロ選手も回転をしっかりかけたいときは
やはり意識していますね。
サーブを打つ前の手首の形をみてください。
若手で極端に手首を内側に曲げている選手がいます。

手首を内側に折ることによって、ボールがラケットに
触れている時間が長くなります。
やはり、スピードは減速しますが、回転量も増え
コントロールも安定しやすくなります。

構えた状態を保ったまま、テークバック、フォーワードスイング
を行なえば回転をかけたサーブを打てることに気がつきます。

最近、テニス雑誌で目にするのが
手首を使って回転をかけるという記事を読みます。

これって、100%間違ってますよ。
手首を使うと回転量が減ります。
僕のレッスンの中でも大勢の生徒さんに試してもらいました。

100%の結果でした。
・手首を固定すると回転量が増える
・手首を使うと回転量が減る、スピードはアップする。

この2点は結構重要です。
自分のイメージしたボールを打つことができないと
自信がなくなります。
正しい理解をした上で、練習できるといいですね。

サーブを打つ時のスタンス

サーブトスの時のスタンスはどのようにしてますか?

ちなみにスタンスにも、あうあわないがあるんですよ。

スタンスの調整で、多目にスライス回転をかけ、よりワイドに
よりすべるボールを打つことができるんですよ。

オーソドックスのスタンスは
両足のつま先を結ぶ線が、相手側を向いている形です。

これより後ろ足が、体の後ろ方向にある場合
クローズスタンスと呼び

これより後ろ足が、体の前にある場合を
オープンスタンスと呼びます。

ついてきてます???

クローズスタンスになれば、回転量をふやすことができます。
クローズにすると自然と打つ方向へのスイングを減らすため
ボールの中心ではなく、周辺に力が加わり、
回転量が増えるんですね。

ただし、球種によってスタンスをかえてはだめですよ。
簡単に相手に読まれてしまいます。

ですので、
自分が回転を意識してプレーをするのなら
クローズに近いスタンスを選らんだほうが適してます。

逆に、スピードで押したい方は、オープンぎみの
スタンスを選択するのがよいでしょう。



オーバーサイドスピンサーブのリストの使い方

今日もオーバーサイドスピンサーブについてお話しますね。

このサーブはリストの使い方に特徴があるんですよ。
ちょっと前に、有名だったステファンエドバーグをイメージして
いただきたいです。

もし、イメージが湧かない方はこちらをご覧ください。
↓↓↓


ちなみに、エドバーグは右利きの人です。

エドバーグは手首を内側に曲げたまま握ります。
この角度を活かしてサーブをうちます。

ボールの右斜め上を打ち、斜めの回転を与えます。
ボールがカーブがかかって、曲がりながら落ちていきます。
この時、手首の形をキープしたままのほうが
強烈に回転がかかります。


話はかわりますが、上の映像よくみると相手の
イバニセビッチ(左利きのプレーヤー)も
オーバーサイドスピンを使ってますね。
丁度いいかな。

サーブの打点

サーブの達人を目指しますよ!

今日もサーブOneポイント知識を学びましょう。

今日のポイントは”落ち着いたサーブを打つには”です。

サーブって大事ですよね。
大事!大事!と考えるとさらに緊張してしまう方多いと思います。
じゃ、僕の克服方法を教えちゃいますね。

サーブを打つ時は、誰でも緊張するものですね。
それは、サーブが入らないと相手に簡単にポイントをあげちゃうからですね。

でも、サーブって
緊張しても入る人は入ります。
入らない人は入りません。

これって緊張して「入れなければ」って考えちゃうと
もっと緊張しちゃうんですよね。
できれば「せめなくちゃ」って感覚になるといいですね。

また、緊張を和らげるためにサーブを打つ前に息をはくように気をつける
癖をつけるといいと思います。
これによりある程度リラックスすることができるようになります。

緊張は、ほどほどがいいですね。


さてさて
今日も、サーブの達人(自称)のお話を読んでいただき
ありがとうございました。

キレとスピードのあるサーブ

キレとスピードをキープしたサーブが理想ですよね。

スピードを重視のフラットサーブではコースが甘くなって、
コントロールの重視スピンサーブは打ちごろのサーブになってしまう
こんな経験ばかりの方いませんか?

少なくとも僕は経験ありです。

でも、オーバーサイドスピンサーブを打つようになってから
せめるサーブでのポイント率が随分あがりました。

一般的にスライスサーブというとサイドスピンですが(横回転)
順回転に近いサイドスピンをかける(オーバーサイドスピン)
という種類があります。
オーバーサイドスピンは、鋭くブレーキがかかって
曲がりながら落ちていきます。
ですので、ボールのキレが鋭くなります。

打ち方は、ボールの右斜め上を叩き(右利きの方)
なるべく順回転を多くかけます。

このサーブの特徴は、なるべく短くいれるんですよね。
短くいれて、角度をつけます。
失敗するとかなり打ちごろになってしまうので、
なるべく強打するようにしてください。
つまり、ファーストサーブで使うのが有効です。

とにかく、外に追い出すためのサーブと
理解してもらえるといいです。

実は、このサーブがプロが重視している一番の武器なんですよ。
これに頼る日がきたら結構なプレーヤーレベルだと思ってください。

さて、ちょっと長くなってしまったので
このサーブを打つ時のコツ、手首の使い方は明日にしようと思います。

では、では、
今日も読んでいただきありがとうございました。

サーブの打点

サーブの達人を目指しますよ!

今日もサーブOneポイント知識を学びましょう。

今日のポイントは”1stと2ndのリズム”です。

入れようとしてファーストサーブとセカンドサーブのリズムを変えないほうがいいですね。
ファーストサーブをフォルトするとどうしてもセカンドサーブを入れようとしてしまいますよね。

でも、ここで気をつけてください。
「入れよう」と考えていませんか?
前回の記事であるように「せめる」という気持ちに切り替えてください。

たとえこれがセカンドサーブであってもです。

ただしー・・・
 
少し力を抜いてください。(軽く打ちます。)
意味分かります???

軽く打ちますが、インパクトの瞬間はスイングスピードをあげてください。
インパクトの瞬間スイングスピードを上げることにより「せめる」
気持ちを保てると思います。

ということは、ファーストサーブも力を抜いてください。
そうすることによって、ファーストもセカンドも同じリズムになりますね。

整理しますと
・ファーストは少し、保守的ですね。
 →「せめる」という気持ちは忘れないでください。
・セカンドはかなりせめてください。
 →これでミスをしてしまうのはしょうがないです。

ある程度、こんな気持ちで練習してください。
ポイントによって気持ちの切り替え方が分かってきます。

さてさて
今日も、サーブの達人(自称)のお話を読んでいただき
ありがとうございました。

サーブの打点

サーブの達人を目指しますよ!

今日もサーブOneポイント知識を学びましょう。

今日のポイントは”サーブのサイドアウトを防ぐ”です。

スライスサーブを打つとどうしても横に切れてしまう方いませんか??
少なくとも、僕は必死にエースを狙うと横に切れます(サイドアウト)。

原因は体の開きでした。
体が開きすぎると、回転がかかりすぎてしまい狙ったところより
随分サイドに切れてしまいます。

練習では、あせる事がないため体が開きませんが
やはり試合になると、焦りからどうしても体が開いてしまいます。

上半身が必要以上い開いてしまうと、特にデュースコートで
サイドに切れやすくなります。

体の開きを防ぐには、左手の使い方がポイントとなります。
トスを上げ終わったら左手をおへそに持っていくことを意識しましょう。
こうすることによって、体の開きをある程度抑えることができます。
また、横向きの状態が保てます。

また、以前の記事にも書いたように
腕を耳につけるような感じでインパクトをとってください。
そうすることにより、体と腕のタイミングがとれ
上体が回りすぎることを防ぎます。


さてさて
今日も、サーブの達人(自称)のお話を読んでいただき
ありがとうございました。

次回は、”インパクトの瞬間ののひじ”
についてお話したいと思っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。